老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

介護付き有料老人ホームの「サービス」

生活を豊かに快適にするための生活援助やレクリエーション、手厚い介護など、充実したサービスを受けられるのが「介護付有料老人ホーム」の魅力です。ここでは、具体的なサービス内容について紹介していきましょう。

食事提供からレクリエーションまで充実した暮らしを実現

「介護付き有料老人ホーム」の基本サービス「生活援助」

介護付き有料老人ホームに入居している方が必ず受けられる基本的なサービスに「生活援助」があります。これは、食事の提供や掃除・洗濯といった日常生活をサポートするサービス。高齢になると難しくなるような作業を、ホームのスタッフが負担することで、入居者の快適な暮らしを実現します。

食事は適切な時間に提供されるのはもちろん、栄養面や本人の要望も考えてもらえ、健康状態や咀嚼力に応じた介護食などの提供もあります。掃除は居室内の掃除機がけ、拭き掃除を週に1~2回程度の頻度で実施してもらえます。

また、レクリエーションやイベントも忘れてはいけません。豊かな老後を過ごすという意味では入居者同士のコミュニケーションや楽しみはとても大切なもの。ホームによって内容や頻度は異なりますが、夏祭りやクリスマスパーティ、ちょっとしたバス旅行を行う老人ホームもあります。また、囲碁、将棋、コーラス、ゲートボールといったサークル活動が盛んな老人ホームもあります。

介護が必要になっても安心して暮らせる「身体介助」

「身体介助」とは、食事、入浴、排泄、着替えなどのサポートといった、直接身体に触れて行う介護サービスのことです(そのために必要な準備、後片付け等の一連の行為を含む)。介護付有料老人ホームでは、介護保険のサービスを利用して身体介助をしてもらえるため、身体が不自由で、食事、入浴などがひとりでできない方も、安心して暮らすことができます。

日常生活やレクリエーションを通じて「機能訓練(リハビリ)」を実施

病気などで身体が不自由になってしまった方にとって、豊かな老後を過ごすために「機能訓練(リハビリ)」はとても大切なものです。多くのホームで日常生活やレクリエーションを通じた歩行訓練やトレーニングなどを実施しています。また、専門スタッフや設備を備え、機能訓練を充実させた老人ホームも増えてきていますので、老人ホーム探しの際に確認してみましょう。

■提供される生活援助・介護サービス
食事提供掃除・洗濯
見守り・生活相談買い物代行
食事介助入浴介助
排泄介助着替え介助
機能訓練(リハビリ)レクリエーション
※◎:ほとんどの施設が提供/非常に充実、○:多数の施設で提供/充実、△:施設によって異なる、▲:少数の施設で提供/あまり充実していない※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

「協力医療機関」と連携して入居者の健康を管理

介護付き有料老人ホームは、「協力医療機関」を定めるよう義務付けられています。協力医療機関の医師による、月2回の訪問診療や、年2回の定期健康診断を行い、入居者の健康管理に努めているのです。また、ホーム内での健康管理サービスとして、朝夕の体温、血圧、脈拍の測定や、服薬管理、健康相談なども行われています。大きな病気を抱えていない方にとっては安心できる環境と言えるでしょう。

ただし、注意が必要なのは日常的な医療ケアが必要な方。介護付き有料老人ホームには、日中の看護職員常駐が義務付けられていますが、夜間勤務は義務付けられていません。「胃ろう」などの日常的な医療ケアが必要な方が、夜間に看護職員がいない老人ホームに入居してしまうと非常に不便なので、看護職員の勤務体系はしっかりと確認するようにしましょう。

■提供される医療サービス
医療ケア服薬管理
医療機関との連携通院時の送迎
※◎:ほとんどの施設が提供/非常に充実、○:多数の施設で提供/充実、△:施設によって異なる、▲:少数の施設で提供/あまり充実していない※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

介護付き有料老人ホームについて

老人ホーム・介護施設の比較一覧

介護でお悩みの方なら「介護ガイド」。各高齢者向け住宅の説明や介護保険制度のこと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の入居までの段取りガイドなどをご紹介します。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安 入居条件 終の
すみか
初期費用 月額 自立 要支援 要介護 認知症
民間型 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 大半が敷金のみ 13万~25万円
※食事など除く
グループホーム 0~30万円 13万~20万円
シニア向け分譲マンション 数千万~1億円 5万~20万円
※食事など除く
公共型 特別養護老人ホーム なし 6万~15万円
介護老人保健施設(老健) なし 8万~20万円
介護療養型医療施設(療養病床)
※2024年3月末には廃止
なし 8万~20万円
ケアハウス(軽費老人ホーム) 0~数百万円 8万~15万円
受け入れ可 要相談 不可
■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
トップへ
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター