老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

「ケアハウス(軽費老人ホーム)」とは

身寄りのないお年寄りや家族との同居が難しい高齢者に対して、安価に住居を提供するのが「軽費老人ホーム」。中でも、ある程度は身の回りのことをこなせるものの、自炊が困難な方に対して、食事や見守りなどのサービスを提供するのが「ケアハウス」です。

「ケアハウス(軽費老人ホーム)」のおもな特徴

60歳以上の身寄りのない方や、経済的な事情などで家族との同居が難しい方が、比較的安い費用で入居できるのが軽費老人ホームです。そのうち、自炊ができない方や、自立生活が不安な方に対応するのがケアハウス。「一般型」と「介護型」の2タイプがあり、介護型では、施設に常駐している介護職員から介護サービスが受けられます。

ケアハウスの代表的なメリットは、費用が安いこと。入居時に入居一時金が必要になりますが、相場は有料老人ホームよりも安くなっています。また、月額費用は10~20万円程度で済むことが多いようです。また、個室でプライバシーを守りながら暮らせるのもケアハウスの特徴。施設によってはサークル活動や地域交流活動も実施されています。

「ケアハウス(軽費老人ホーム)」のメリット・デメリット

メリット
  • 数十万円~数百万円程度の入居一時金が必要だが、総じて費用は安い
  • 「介護型」であれば、要介護度が上がっても住み続けられることが多い
  • 生活設備が個室の居室内に設置されているので、自由な生活が送れる
デメリット
  • 「自立型」では介護レベルが上がると退所を求められるケースが多い
  • 「介護型」は人気が高く、待機期間が長くなりがち

「ケアハウス(軽費老人ホーム)」の入居基準と費用

家族からのサポートが得られない高齢者の生活を支援する住まい

ケアハウスに入居できるのは、60歳以上の方で、さまざまな事情により家族からの生活サポートが受けられず、しかも、ひとりで暮らすのが難しい方です。一般型のケアハウスには介護レベルによる制限はありませんが、介護型は「特定施設入居者生活介護」の指定を受けて介護サービスを提供する住まいなので、要介護1以上の方が入居対象となります。

■入居・入所できる人
年齢 60歳以上 認知症 対応
介護レベル 自立~重介護 共同生活 必須
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

入居一時金と十数万円程度の月額費用がかかるのが一般的

ケアハウスに入居し、生活を送るためには、入居一時金と月額費用がかかるのが一般的です。入居一時金(保証金とする場合もある)は施設によってさまざまで、0円の場合もあれば、30万円~数百万円程度必要になる施設もあります。

月額費用として計上されるのは、住居費や食費など。介護型のケアハウスに入居しているのであれば、介護保険の自己負担分も支払う必要があります。とはいえ、有料老人ホームと比べると若干安いのが相場で、十数万円前後でまかなえることが多いようです。

■入居・入所にかかる費用
入居・入所時費用 0円~数百万円 月額費用 約10万円~30万円
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■月額費用の内訳
介護サービス費 【1割負担】
約10,000円~28,000円
【2割負担】
約15,000円~30,000円
住居・管理費 約15,000円~30,000円
食費 約40,000円~60,000円 その他 約10,000~80,000円
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。 ※介護サービス費(1~2割負担)は、介護保険の支払上限額を示しています。上限を超えた分の費用や払い戻しに関しては考慮していません。 ※住居費・管理費には家賃、光熱費、水道料金等が含まれます。 ※その他には事務費、消耗品費、医療費等が含まれます。

「ケアハウス(軽費老人ホーム)」の介護・医療と居住環境

「自立型」と「介護型」で受けられるサービスは大きく異なる

ケアハウスで受けられるサービスは、そのケアハウスが自立型なのか介護型なのかで大きく異なります。自立型には介護職員が勤務しておらず、食事提供や安否確認・生活相談などのサービスが基本。介護保険を使って介護サービスを受ける際は、外部業者を利用します。

介護型のケアハウスは、特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設なので、施設として介護サービスを提供してくれます。介護職員もしくは看護職員が、要介護者3名に対し1名以上常勤しており、食事提供、掃除・洗濯といった生活援助をはじめ、食事介助、入浴介助などの身体介助サービスも受けることが可能です。

■人員配置
介護職員 施設によって異なる 看護職員 施設によって異なる
医師 勤務なし その他 生活相談員、栄養士など
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■提供される生活援助・介護サービス
食事提供 掃除・洗濯
見守り・生活相談 買い物代行
食事介助 入浴介助
排泄介助 着替え介助
機能訓練(リハビリ) レクリエーション
※◎:ほとんどの施設が提供/非常に充実、○:多数の施設で提供/充実、△:施設によって異なる、▲:少数の施設で提供/あまり充実していない ※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■提供される医療サービス
医療ケア 服薬管理
医療機関との連携 通院時の送迎
※◎:ほとんどの施設が提供/非常に充実、○:多数の施設で提供/充実、△:施設によって異なる、▲:少数の施設で提供/あまり充実していない ※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

自分専用の個室で自由な暮らしを送ることが可能

ケアハウスでは、居室は個室形態をとっているのが通常です。施設によって差はありますが、居室内にはトイレ、洗面、キッチンなどが揃っていて、プライベートな時間を大切にしながら、自由な暮らしをすることができます。ただし、浴室や食堂、リビングスペースは共用設備になっていることが多いようです。

■生活設備
居室の種類 個室 居室の広さ 21.6平米~
浴室の場所 共有 浴室設備 通常浴室
トイレ 共有/居室内 キッチン 共有/居室内
食堂・リビング 共有 洗濯室 あり
娯楽設備 施設によって異なる 理美容設備 なし
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■介護・医療系の設備
機能訓練室 あり 健康管理・相談室 あり
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

「ケアハウス(軽費老人ホーム)」の入所難易度

施設によって大きく差が出るケアハウスの入居難易度

ケアハウスは、施設によって入居難易度に大きな差があるので注意したほうがいいでしょう。一般型のケアハウスにはアクティブシニア層が多く入居しています。自分で買い物をしたりレジャーに出かけたいという方も多いので、交通の便が良く、気軽に出歩けるような立地のケアハウスには人気が集中していることがあります。

一方、介護型のケアハウスも、介護付有料老人ホームと同様の介護サービスを受けられる上に、費用は安いとあって、施設によっては待機期間が長くなるケースが多々あります。老後にどんな暮らしをしたいのかをしっかりと見極めて施設選びをしてください。

老人ホーム・介護施設の比較一覧

介護でお悩みの方なら「介護ガイド」。各高齢者向け住宅の説明や介護保険制度のこと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の入居までの段取りガイドなどをご紹介します。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安 入居条件 終の
すみか
初期費用 月額 自立 要支援 要介護 認知症
民間型 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 大半が敷金のみ 13万~25万円
※食事など除く
グループホーム 0~30万円 13万~20万円
シニア向け分譲マンション 数千万~1億円 5万~20万円
※食事など除く
公共型 特別養護老人ホーム なし 6万~15万円
介護老人保健施設(老健) なし 8万~20万円
介護療養型医療施設(療養病床)
※2024年3月末には廃止
なし 8万~20万円
ケアハウス(軽費老人ホーム) 0~数百万円 8万~15万円
受け入れ可 要相談 不可
■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
トップへ
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター