老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

「シニア向け分譲マンション」とは

まだまだ元気なアクティブシニアが、より豊かな老後の生活を目的に購入するのが「シニア向け分譲マンション」です。富裕層に人気があり、充実した生活支援サービスを提供してくれます。

「シニア向け分譲マンション」のおもな特徴

「シニア向け分譲マンション」とは、読んで字のごとく、高齢者の生活に配慮したバリアフリー仕様の分譲マンションのことです。アクティブ・富裕層をターゲットとしていることが多く、レストランや温泉、シアタールーム、フィットネスジムなども併設されている物件があります。食事にはホテルのルームサービスのような豪華なメニューが並ぶことも。

シニア向け分譲マンションが老人ホームや福祉施設などと一線を画すのは、物件が自分の財産になるということ。分譲マンションを購入するのですから当たり前のことですが、自由に売却ができたり、賃貸に出したり、子供に相続させることもできるのです。

「シニア向け分譲マンション」のメリット・デメリット

メリット
  • 通常の分譲マンションと同様、購入後は自分の資産になる
  • 自分の資産となるため、売却、譲渡、賃貸を自由に行える
  • 施設によっては、とても充実した生活援助サービスが受けられる
デメリット
  • 物件の絶対数が少ないので、選択肢が少ない
  • 介護サービスの提供していないので、別途外部事業者と契約する必要がある
  • 市場が成熟していないので、不要になった場合にスムーズに売却できないことがある

「シニア向け分譲マンション」の入居基準と費用

基本的に自立生活が可能であれば入居可能

シニア向け分譲マンションの一般的な入居基準となるのが。自立生活が可能か否か。それ以外の条件は、マンションごとに異なります。例えば「年齢が60歳以上である」「身元引受人がいる」など。個人が自由に購入できるものだけに、物件ごとに独自条件があるケースが多いので、将来的な自分の生活や身体・経済状況も検討して、物件選びをしてください。

■入居・入所できる人
年齢 特になし 認知症 対応しない
介護レベル 自立~軽介護 共同生活 なし
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

入居に必要なのは物件の購入代金と月額費用

シニア向け分譲マンションに入居するためには、当然のことながら物件の購入費用を用意する必要があります。物件によって価格は異なりますが数千万円程度が相場と言えそうです。

購入したマンションとはいえ月額費用もかかります。管理費、修繕積立金、固定資産税といった通常のマンションでも必要になる費用のほか、食事など、マンションが提供するオプションサービスを利用すれば、その分の料金を支払わなければなりません。また、介護サービスを利用する際には、介護保険の自己負担分の支払いが発生します。

■入居・入所にかかる費用
入居・入所時費用 数百万~1億円以上 月額費用 約10万円~30万円
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■月額費用の内訳
介護サービス費 【1割負担】
約0円~17,000円
【2割負担】
約0円~34,000円
住居・管理費 約60,000円~16万円
食費 約40,000円~60,000円 その他 約20,000円~50,000円
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。 ※介護サービス費(1~2割負担)は、介護保険の支払上限額を示しています。上限を超えた分の費用や払い戻しに関しては考慮していません。 ※その他には生活援助サービス料金、医療費、修繕積立費等が含まれます

「シニア向け分譲マンション」の介護・医療と居住環境

基本的には通常のマンションなので、介護・医療サービスは存在しない

シニア向け分譲マンションは基本的に、通常の分譲マンションと同じ位置づけです。マンション側が入居者に「60歳以上の方」などという条件を設けたり、高齢者向けのサービスを提供しているだけのこと。そのため、物件に介護・医療ケアに関する人員配置や設備に対する基準はありません。

シニア向け分譲マンションが提供するサービスの代表例としては、食事の提供、家事支援、コンシェルジュサービスなどが挙げられます。購入時は自分に必要な物が揃っているか確認しましょう。もちろんサービスが充実するほど、購入費用や月額費用は高くなります。

また、入居時に自立生活が可能だったとしても、生活を続ける中で介護が必要になるリスクもあります。もし介護が必要になった場合には、外部業者の「訪問介護」や「通所介護(デイサービス)」を利用する形をとります。

■人員配置
介護職員 外部サービス 看護職員 勤務なし
医師 勤務なし その他
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■提供される生活援助・介護サービス
食事提供 掃除・洗濯
見守り・生活相談 買い物代行
食事介助 外部サービス 入浴介助 外部サービス
排泄介助 外部サービス 着替え介助 外部サービス
機能訓練(リハビリ) レクリエーション
※◎:ほとんどの施設が提供/非常に充実、○:多数の施設で提供/充実、△:施設によって異なる、▲:少数の施設で提供/あまり充実していない ※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

間取りも共有設備も千差万別、将来の生活や予算に合わせた物件選びを

シニア向け分譲マンションの設備は、物件によって大きく異なります。高額な物件を購入すれば、ハイクオリティな内装で広い間取りの部屋に住むことも可能でしょう。中にはフィットネスジムやプール、リハビリルームのような運動・機能訓練施設、カラオケ、シアタールームのような娯楽施設を備えているマンションもあります。

また最近では、クリニックや介護サービス事業所を併設し、介護・医療面の機能を充実させた物件も続々と登場しています。

■提供される医療サービス
医療ケア 服薬管理
医療機関との連携 通院時の送迎
※◎:ほとんどの施設が提供/非常に充実、○:多数の施設で提供/充実、△:施設によって異なる、▲:少数の施設で提供/あまり充実していない ※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■生活設備
居室の種類 個室 居室の広さ 住宅による
浴室の場所 居室内 浴室設備 通常浴室
トイレ 居室内 キッチン 居室内
食堂・リビング 居室内 洗濯室 居室内
娯楽設備 あり 理美容設備 なし
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。
■介護・医療系の設備
機能訓練室 施設によって異なる 健康管理・相談室 施設によって異なる
※一般的な目安を記載しています。詳細は施設及び入居者の状況によって異なります。

「シニア向け分譲マンション」の入居難易度

シニア向け分譲マンションに関しては、入居難易度という考え方は馴染みません。なぜなら、お金さえ持っていれば購入できるからです。ただし、まだ市場が成熟しておらず、物件の絶対数が少ないのは事実。立地や設備、そして予算が、自分の希望に合致する物件を探すには多少の時間を要するでしょう。

老人ホーム・介護施設の比較一覧

介護でお悩みの方なら「介護ガイド」。各高齢者向け住宅の説明や介護保険制度のこと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の入居までの段取りガイドなどをご紹介します。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安 入居条件 終の
すみか
初期費用 月額 自立 要支援 要介護 認知症
民間型 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 大半が敷金のみ 13万~25万円
※食事など除く
グループホーム 0~30万円 13万~20万円
シニア向け分譲マンション 数千万~1億円 5万~20万円
※食事など除く
公共型 特別養護老人ホーム なし 6万~15万円
介護老人保健施設(老健) なし 8万~20万円
介護療養型医療施設(療養病床)
※2024年3月末には廃止
なし 8万~20万円
ケアハウス(軽費老人ホーム) 0~数百万円 8万~15万円
受け入れ可 要相談 不可
■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
トップへ
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター