老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

在宅介護と施設介護の違いとは? それぞれのメリット・デメリットは?

2016.4.8

在宅介護に悩む女性(イメージ)

介護には大きく分けて、「在宅介護」と「施設介護」があります。在宅介護は自宅で介護士または家族が介護をするもので、施設介護は老人ホームなどの施設に入居をして介護サービスを受けるものです。

それぞれの介護には、どのような特徴があるのでしょうか。 介護の方法に迷われているという方は、これから紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。

在宅介護のメリット

自由度の高い介護

在宅介護であれば「自分が介護に割ける時間」や「どこまで介護負担を減らしたいのか」に応じて、在宅介護支援サービスを調整して利用することができます。 家族だけで介護を行う「自力介護」も含めた場合、介護負担が重い順に並べると以下のような順番になります。

自力介護
  ↓
訪問介護サービス(自宅訪問)
  ↓
通所介護サービス(デイサービス)
  ↓
小規模多機能型居宅介護(居宅サービス+施設サービス)

在宅介護支援サービスを調整して利用頻度を少なくすれば、介護にかかる費用も最小限に抑えることができます。

在宅介護のデメリット

夜間には必ず介護が必要になる

たとえ居宅サービスを部分的に利用した場合でも、夜間には必ず介護が必要になってしまいます。ショートステイは泊まることができますが、利用できる期間が決まっているためずっと利用することはできません。
そのため、たとえば旅行に行くと夜間の自力介護ができなくなってしまうので、その度に新しいショートステイ先を探さなければいけなくなります。

介護者の心労被害

家族が介護をする場合、親(夫婦)への愛情や責任感からすべてを自分でやろうとして、うつ病になったり体調を壊してしまったりする可能性があります。また高齢化社会のため、介護者も高齢という老々介護の問題もあります。
このような介助者は実際に多く、気付いたときには心身ともに疲れ果ててしまい、取り返しのつかない状況になっているケースが後を絶ちません。

周りに迷惑をかけるリスクがある

高齢者の男性が徘徊中に列車にはねられて死亡し、JR東海が遺族に対して損害賠償を求めたというニュースのことをご存知でしょうか。 もし自分の親が徘徊するほどの重度の認知症にかかっている場合は、本人が怪我や事故に遭ってしまうとともに、周りに大きな迷惑をかけてしまうリスクもあるのです。

施設介護のメリット

老人ホームの入居者と看護師

常に専門家が見守ってくれる

老人ホームなどの介護施設には介護士や看護師といった各専門家達がいるので、入居すれば適切な医療行為や介護対応を常に受けることができます。 老人ホームで生活をしていれば、急に様態が変化してしまった場合でも安心です。

本人の気持ちが楽になる

介護施設に入居をすると、それまで介護をしていた家族はもちろんのこと、入居した本人も「これで家族に負担をかけずに済む」と思って気持ちが楽になることがあります。
中には介護施設に入居することを嫌がる高齢者もいますが、実際に入居してみると施設の設備がよかったり、趣味の合う仲間が多くて居心地が良いなどの理由で、入居して良かったと感謝されるケースもよくあります。入居する介護施設を選ぶ際には、入居検討者の身体状況や病状だけでなく、生活スタイルや価値観にあった施設を選ぶことが重要ということです。

施設介護のデメリット

費用が高い

老人ホームなどの介護施設では常に介護体制が整っていますが、代わりにどうしても費用が在宅介護や居宅サービスを利用した場合に比べて高くなってしまいます。

結局退去してしまうことも

せっかく入居したにも関わらず、本人が「やっぱり自分に合わないから」と退去をしてしまった場合、利用者もその家族も大変な労力を消費してしまうことになります。

そのような事態にならないように、老人ホームなどの介護施設を利用する場合は、体験入居やショートステイなどのお試し入居を利用することをオススメします。もし不明な点などあれば、メールやお電話でお気軽にご相談ください。

【「在宅介護」に関連する記事はこちら】

■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター
トップへ