老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

特養のメリットは「安さ」と「長期入所」

数ある介護施設の中でも、利用者数が多いのが特別養護老人ホームです。
特別養護老人ホームは、寝たきり状態の人など、おもに重度の要介護者のために介護サービスを提供する公的施設です。

特別養護老人ホームが選ばれやすい最大のポイントは、何と言っても利用料の安さ。入居一時金も不要で、他の介護施設より費用が抑えられます。
また長期入所が可能で、一旦入所すれば退所しなくてもよいという利点もあります。さらに、普段在宅介護をしている家族が一時的に介護できなくなったとき、ケアマネジャーを通じてショートステイ(短期間入所)の予約を取れるのも、特別養護老人ホームならではです。

特養のデメリットは「狭き門」と「医療面」

メリットが多い特別養護老人ホームですが、デメリットも無い訳ではありません。一旦入所するとそのまま退所しなくて済みますが、その入所までが一苦労という面があるのです。
2015年4月から特別養護老人ホームの入居基準が厳格化されて、入所者は原則「要介護度3以上」に定められました。そのため、要介護度2以下の人は一部例外を除いて入居不可になりました。
また、入所希望者の待機人数が増えたため入所までに2~3年を要するなど、待ち時間が大幅にかかってしまうのが現状です。
医療面でも、特別養護老人ホームが「看護師3人で利用者100人を看る」環境であることは前もって認識しておくべきでしょう。医療処置が常時必要な人にとっては、医療施設の整った他の施設と比べれば対応が不十分かもしれません。

複数の選択肢から最善策を選択しましょう

なかなか「狭き門」の特別養護老人ホームですが、これから入所を考えている人は、複数の施設に申し込んでおくと待機期間が短縮できる可能性があるかもしれません。
いずれにしましても、入所にはメリットもデメリットも存在します。様々なケースを検討して、自分のケースに合った最善策を選択しましょう。

特別養護老人ホームについて

老人ホーム・介護施設の比較一覧

介護でお悩みの方なら「介護ガイド」。各高齢者向け住宅の説明や介護保険制度のこと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の入居までの段取りガイドなどをご紹介します。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安 入居条件 終の
すみか
初期費用 月額 自立 要支援 要介護 認知症
民間型 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 大半が敷金のみ 13万~25万円
※食事など除く
グループホーム 0~30万円 13万~20万円
シニア向け分譲マンション 数千万~1億円 5万~20万円
※食事など除く
公共型 特別養護老人ホーム なし 6万~15万円
介護老人保健施設(老健) なし 8万~20万円
介護療養型医療施設(療養病床)
※2024年3月末には廃止
なし 8万~20万円
ケアハウス(軽費老人ホーム) 0~数百万円 8万~15万円
受け入れ可 要相談 不可
■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
トップへ
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター