老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

特別養護老人ホームの「介護度」

価格面やサービス内容などから、特別養護老人ホームへの入居を考える人はとても多く、平成26年の厚生労働省の調査によると入居申込者は52万人を超えています。
(出典:特別養護老人ホームの入所申込者の状況)

しかし誰でも入居できるわけではなく、要介護度という考えが大切になってきます。要介護度とは要介護認定の判定の結果,どの程度介護が必要なのかを表す数値です。

具体的には

  • 要介護1:手段的日常生活動作における部分的な介護が必要なレベル
  • 要介護2:日常生活動作について部分的な介護が必要なレベル
  • 要介護3:日常生活動作と手段的日常生活動作に関して全面的な介護が必要なレベル
  • 要介護4:要介護3からさらに状態が悪化し、日常生活を介護なしに送るのが難しいレベル
  • 要介護5:日常生活を介護なしに送ることがほとんど無理なレベル
となっています。
(参考:厚生労働省「2015年の高齢者介護」)

本題の特別養護老人ホームですが、要介護3以上の方のみが入居できることになっています(平成27年4月より)。つまり日常生活に介護が常に必要な方のみ入居できるというわけです。

要介護1と2

それでは特別養護老人ホームを希望しても、介護の必要なレベルが3に達しない場合は全く入居ができないかというと、そんなことはありません。

特別養護老人ホーム以外での生活が困難で、やむをえないと判断される場合は要介護1や2でも入居が認められます。

例えば、
  • 他の老人ホームなどで深刻な虐待が行われており、安全の確保が困難
  • 家族での介護が期待できない
  • 地域での介護サービスの供給が十分でない
    • などが挙げられます。

申し込み方法としては、施設へ直接申し込みその際に上記のような事情を書き、それを受けた特別養護老人ホームが自治体に相談した結果、入居を認めるかを決定するという流れになります。

入居条件の難しさ

多くの方が入居を希望している特養ですが、その分入居の難しさはダントツです。要介護度が3に満たない場合でも入居できるケースがあるため、一度相談してみるのがよいでしょう。

特別養護老人ホームについて

老人ホーム・介護施設の比較一覧

介護でお悩みの方なら「介護ガイド」。各高齢者向け住宅の説明や介護保険制度のこと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の入居までの段取りガイドなどをご紹介します。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安 入居条件 終の
すみか
初期費用 月額 自立 要支援 要介護 認知症
民間型 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 大半が敷金のみ 13万~25万円
※食事など除く
グループホーム 0~30万円 13万~20万円
シニア向け分譲マンション 数千万~1億円 5万~20万円
※食事など除く
公共型 特別養護老人ホーム なし 6万~15万円
介護老人保健施設(老健) なし 8万~20万円
介護療養型医療施設(療養病床)
※2024年3月末には廃止
なし 8万~20万円
ケアハウス(軽費老人ホーム) 0~数百万円 8万~15万円
受け入れ可 要相談 不可
■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
トップへ
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター