老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター

サービス付き高齢者向け住宅の「メリット・デメリット」

「サービス付き高齢者向け住宅」のメリット

自由度が高く、外出、外泊はほぼ自由です。居室にキッチン・浴室、洗濯機置き場が備え付けてあるため一人ぐらしの万が一が心配という方にはとても良い住まい。介護付きや住宅型にはない自由度です。もちろんご友人やご家族が遊びに来るのも自由です。

安否確認も行い、スタッフが24時間常駐しています。定期巡回を実施、受付には24時間スタッフがあります。夜間に万が一なにかあった場合サポートを行い、救急車の手配なども行ってくれます。

介護付きや住宅型と違い軽介護の方が比較的多く生活をしているため、若いうちから入居しても目立つこともない。

介護付きと違い高額な初期費用は不要です。あくまでも賃貸住宅のため敷金のみで入居が可能です。また敷金は退去時に返還となりますので、実質入居時費用は0円となります。

「サービス付き高齢者向け住宅」のデメリット

介護保険とは別で生活を支援するサポート費が必要となります。これは会社によって設定金額に差があります。おおよそ5,000~30,000円/月が相場となります。サービスを使っても使わなくても定額の支払いとなります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は賃貸形式で住宅をかり、必要な方は外部の介護事業所とも別途契約が必要です。ここは住宅型とほぼ似ております。住宅をかりる契約と、介護サービスを利用する契約が必要となります。

運営会社によって入居基準、退去基準にひらきがあるため、選びにくいというデメリットもあります。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)だからといって終身、また認知症の方は入居不可といった規定がほぼないため、1軒1軒確認が必要となります。また、先々を見据えた検討も必要で入居時に病気がなかった方でも数年後の身体状況によっては退去が必要となってしまうことがあります。

「サービス付き高齢者向け住宅」のメリット・デメリット

メリット
  • 住宅が提供するサービスを自由に選択して利用できる
  • 入居時費用は敷金のみなので安く入居できる
  • 通常の賃貸住宅と同じように、個人専用の生活設備があるのでプライバシーを守り、自立した生活ができる
デメリット
  • 生活援助サービスの内容は、住宅ごとの差が大きい
  • 介護サービスを提供していないので、別途外部事業者と契約する必要がある
  • 介護レベルが高くなると住み続けるのが難しい場合がある

サービス付高齢者向け住宅について

老人ホーム・介護施設の比較一覧

介護でお悩みの方なら「介護ガイド」。各高齢者向け住宅の説明や介護保険制度のこと、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の入居までの段取りガイドなどをご紹介します。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安 入居条件 終の
すみか
初期費用 月額 自立 要支援 要介護 認知症
民間型 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
サービス付高齢者向け住宅 大半が敷金のみ 13万~25万円
※食事など除く
グループホーム 0~30万円 13万~20万円
シニア向け分譲マンション 数千万~1億円 5万~20万円
※食事など除く
公共型 特別養護老人ホーム なし 6万~15万円
介護老人保健施設(老健) なし 8万~20万円
介護療養型医療施設(療養病床)
※2024年3月末には廃止
なし 8万~20万円
ケアハウス(軽費老人ホーム) 0~数百万円 8万~15万円
受け入れ可 要相談 不可
■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
トップへ
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00 運営協力:関東・関西・東海有料老人ホーム紹介センター