老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00

介護施設に入れたいが、本人が嫌がります。どうしたらよいでしょうか。

できる限りご本人の希望に添えるような選択肢の検討をしていきましょう

あんしん相談室に寄せられるご相談の中でも、ご本人が施設に入ることを嫌がるケースは多いです。
嫌がる理由は、
・最後まで自宅で過ごしたいから
・今の人付き合いを変えたくない
・共同生活に抵抗がある
・プライドによるもの(高齢者施設という抵抗)
など様々です。

ご本人が施設への入居に前向きなケースは多くありません。
入院や病気、怪我などがきっかけで自宅での生活が難しくなり、抵抗感を持ちながらも施設へ入居される方が大多数というのが実情です。
その中でも、当相談室としては、できるだけご本人の抵抗やご家族の心配・懸念を払しょくできる選択肢がないかを探しながら施設選びをサポートいたします。

嫌な原因を少しでも解消できるような方法もあります。
例えば、
・今の人付き合いを変えたくない方には、なるべく自宅と施設を行き来できるように自宅周辺の施設を提案する
・高齢者施設に対して抵抗がある方には、お元気な方が多い施設やお元気な方がフロアがある施設を提案する
・ご自身と同じお身体の状態が多い施設を提案する
などです。
ご本人が嫌がるという点で施設入居をあきらめず、どのような施設であれば合うかどうかを比較検討してみましょう。

見学時にいくら良いと思って入居しても合わないケースはどうしても出てきます。
それが許容できる範囲なのか見極めるためにも数カ月単位で入居後の様子も見ていくことがおすすめです。施設によっては月払いプランもあるので、不安がぬぐえない場合には月払いプランで入居してみるのも一つの選択肢です。

シニアのあんしん相談室では、ご本人やご家族の希望をヒアリングして、最適な選択肢を提案しながら、施設選びを一緒に進めていきます。

ここで過去にあった事例を三つご紹介します。

一つ目は、施設には絶対入らないという考えを元から持っていた親御様が骨折をして、入院時に施設検討を開始。どうやって説得するかが不安要素という相談者様。 リハビリのためという名目で入居し、回復したら自宅に帰る目標を持たせるよう提案をしました。実際に在宅復帰した事例のある施設で、さらにご本人が居心地が良いと感じられるようスタッフ評判の良い施設を提案し、入居に至りました。

二つ目は、施設入居に対して金銭的に不安がある家族思いの親御様。
この方に対してはキャンペーンで無料の入居ができるとご本人に伝え、心理負担を減らして入居に至りました。

三つめは、遠方の他府県からの入居で馴染めるかどうか、ご本人・ご家族がともに心配されていた事例。入居後は自宅売却があり、自宅に帰ることは難しいという状況でした。
「知らない土地にある施設に馴染めるか心配」という不安要素に対して、施設長と相談し、同郷の入居者や、その出身地のスタッフがいることを話し、見学時に対話セッティングを行いました。ご本人・ご家族ともに安心されて入居につながりました。

入居したらそれでおしまいではありません。
退去することもできますし、自宅に外泊で戻ることもできます。
施設も多種多様なので、段階を踏んで施設を変えるケースもあります。
様々な選択肢の中から、施設入居へのハードルを少しでも軽くしつつ、まずは在宅介護難を払しょくできるよう、ご本人様・ご家族様の背中を押していきます。
嫌がるご本人の意思を無視して施設に入居させることはできません。
嫌がる根本の原因を解消してあげられるよう、施設入居・施設選びをサポートします。

参考になりましたか?

送信しました。
ご回答ありがとうございました。

入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00
老人ホーム・介護施設を都道府県から探す
トップへ

シニア向けサービスを中心とした無料の相談窓口です。
快適なシニアライフのお手伝いをします。