老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00

お正月は安全に過ごしたい! 高齢者がお餅を詰まらせた時の対処法

2016.12.27

年末・お正月になると、高齢者がお餅などの食べ物を喉に詰まらせてしまい救急車で搬送されるといった事故が毎年多く発生します。

また、お正月に限らず喉に食べ物が詰まる事故は発生しており、いつ自分や身の回りの人が関わることになるかわかりません。

ここでは、高齢者が食べ物を喉に詰まらせてしまったときの対処方法をご紹介します。

食べ物を喉に詰まらせたら?

お餅などの食べ物を喉に詰まらせた場合は次の手順で対処していきましょう。

1.意識があるか、呼吸ができるかどうかを確認する

正常に呼吸ができているか確認をしましょう。
喉にお餅が詰まって「水が飲めない・話すことができない」場合は気道に入っていると考えられます。この状態が長く続くと顔色が変わり、意識を失う危険性があるため、至急救急車を呼びましょう。

意識がある場合は、まず咳ができる状態であれば咳をさせてください。
咳ができないときは以下に紹介する方法で、詰まったものを除去する処置を行います。意識が無い場合は心肺蘇生を行って下さい。

2.背部叩打法

  1. ① 詰まらせた人の胸(あるいは下あご)を支えてうつむかせる
  2. ② 反対の手の平の付け根部分で、左右の肩甲骨の間を強く素早く4~5回叩く
  3. ③口の中に食べ物が出てきているかを確認し、取り除く

※背部叩打法は意識の有無に関係なく行えます。また、椅子に座った状態や横になった状態でも行うことができます。

妊婦や小さな子供にはこの背部叩打法のみを行いましょう。乳児の場合は、手で顔を支えるように片腕の上にうつ伏せにし、頭を低くした状態で背中を叩きます。
少し大きな子供には、立膝をして太ももの上に子供をうつ伏せにし、ふとももでみぞおちを圧迫しながら背中を叩きます。このときも頭を低くした状態になるよう注意してください。

3.ハイムリック法(上腹部圧迫法・腹部突き上げ法)

大人の場合、背部叩打法で吐き出せなければハイムリック法も試しましょう。

  1. ① 詰まらせた人の後ろから、ウエスト付近に手を回し、片方の手で握りこぶしを作り、その親指がへその上方、みぞおちより下の部分の位置に配置する。
  2. ② もう片方の手をこぶしに添えるように配置し、素早く手前上方に向けて圧迫するように突き上げる。

※ハイムリック法は胃や肝臓が破裂したり、器官に穴をあけてしまう恐れがあるため注意が必要です。

ハイムリック法を行う際は手の場所などに注意しながら行いましょう、何度か試しても吐き出されなかった場合は背部叩打法に戻ってください。また、意識が無い状態で行うと、胃から逆流したものが気道に入る恐れがあるため行ってはいけません。

意識を失ってしまったら

反応がない場合は、大人・子供に関わらず直ちに心肺蘇生法を開始するようにしましょう。
胸骨圧迫をすることで、胸の中の圧が高まり異物が除去されることがあります。先に紹介した応急処置に夢中になりすぎて、意識の有無や反応の有無に気付かず心肺蘇生法の開始が遅れないよう注意してください。

喉に食べ物を詰まらせたときの対処法をご紹介しましたが、当然喉に詰まらないような形で提供するという工夫も大切です。
予め小さく切っておく、よく噛むよう注意する、朝起きてすぐは避けるなどがおすすめです。
おめでたいお正月を楽しく安全に過ごせるよう、高齢者がいるご家庭は注意しましょう。

■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
老人ホームをはじめてお探しの方へ あなたに合う老人ホーム診断 管理栄養士監修 1食から注文可能 介護食・制限食あり 栄養バランスのとれた宅配弁当で大切なご家族の健康を守りませんか? あんしん相談室 宅配ごはん案内 あなたに合った弁当を診断! 「聞き間違える」「テレビの音量が大きい」「うまくコミュニケーションが取れない」不安を感じたら、早めのケアと補聴器装用が大切です あんしん相談室 補聴器案内 詳しくはこちら
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00
トップへ

シニア向けサービスを中心とした無料の相談窓口です。
快適なシニアライフのお手伝いをします。