老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口 入居に関する相談・質問用のフリーダイヤルです。お見舞い・求人・電話番号案内は承っておりません。
0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00

住宅型有料老人ホームの選び方 その設備・サービス本当に必要?

2016.6.10

設備イメージ

住宅型有料老人ホームでは、介護付き有料老人ホームとは違い、必要に応じた訪問介護サービスを受けることができる施設です。そのため、比較的自由度が高く人気ですが、その分施設選びには十分注意が必要です。今回は住宅型有料老人ホームの施設選びをする際のポイントを説明します。

介護保険を利用してできることは…

住宅型有料老人ホームは、必要に応じて外部の介護サービスや医療サービスを利用することで介護が受けられる施設です。 入居者の選択により、介護保険を使って車いすなどの福祉用具をレンタルできたり、リハビリ業者や外出時の付き添い係(いずれも有料)を利用したりできます。 ただし、設備の充実度は施設によって異なり、介護度によっては入居できない施設もあるなど受け入れ体制がまちまちですから、入居前にきっちり確認しておくべきでしょう。特に医療処置が必要な入居者の場合、設備の確認は必須です。

その設備必要?不要?

住宅型有料老人ホームでは、施設によって設備の充実度が異なるため、それを元に施設選びをする方も多いでしょう。 反面、「これは将来使わないのでは?」という設備の選択は経済的に負担になります。 浴室を例に考えてみましょう。居室に浴室を希望した場合、入浴時の水道代は自分持ちとなり出費がかさみますが、施設内の共用の入浴スペースを使えば支払いは不要です。さらに将来介護度が重くなれば、居室の浴室は無用の長物になりかねません。 キッチンも同様です。施設共用の食堂を利用すれば水道光熱費の負担を考えずに済みます。仮に入居時「自分で料理がしたい」とキッチン付きの居室を希望しても、後々無駄になる可能性もあるわけです。

将来を考えた選択をしましょう

大切なのは、自分の予算と「将来」を総合的に見越して判断してゆくことです。 設備を整えれば、当然費用は高くつくため、将来的に利用頻度が減ると予想できるものは、あえて始めから選択しないことが賢明でしょう。 また、介護のオプションサービスは個々に費用がかかります。もし今後介護度が重くなって、気がつくと介護保険の限度額を超えて利用していて予定外の高額になってしまった…なんてことのないよう、十分なプランニングが必要なのです。

■記事作成・監修 シニアのあんしん相談室
シニアのあんしん相談室 「シニアのあんしん相談室」は高齢者住宅の相談窓口。介護の知識に長けた専門の相談員が、納得できる施設選びをサポートします。介護ニュースでは、介護に関する最新情報をはじめ、医療や健康に関連するニュースを定期的に発信しています。
記事監修:老人ホーム入居相談員(介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級、宅地建物取引士、認知症サポーター)
老人ホームをはじめてお探しの方へ あなたに合う老人ホーム診断 管理栄養士監修 1食から注文可能 介護食・制限食あり 栄養バランスのとれた宅配弁当で大切なご家族の健康を守りませんか? あんしん相談室 宅配ごはん案内 あなたに合った弁当を診断! 「聞き間違える」「テレビの音量が大きい」「うまくコミュニケーションが取れない」不安を感じたら、早めのケアと補聴器装用が大切です あんしん相談室 補聴器案内 詳しくはこちら
入居費用・医療体制・入居後の評判など 老人ホーム・介護施設のことなら 何でも聞いてください! 0120-371-652 【平日・土日祝】9:00~18:00
トップへ

シニア向けサービスを中心とした無料の相談窓口です。
快適なシニアライフのお手伝いをします。